2016年12月31日土曜日

【患者・術者の双方にとって身体の負担になるものではない】

バース整体研究会代表の吉村です。

2016年度は、2ヶ月に一回のペースでセミナーを開催しました。

遠くは福岡、新潟、山梨など遠方から熱心な助産師さんや女性セラピストさんが参加されました。

2017年は、さらにセミナーの内容をブラッシュアップしていきたいと思います。
よろしくお願いします。


さて、12月のセミナーの感想を掲載します。



「患者・術者の双方にとって身体の負担になるものではない」N・Kさん あマ指師


産後の骨盤矯正をメニューに掲げているものの、もう少し違った施術法も勉強したいと思い、インターネットで検索をしてバース整体研究会を知りました。

妊産婦さん対象の施術方法であり、施術例も多いと感じたのが決め手となりました。

“産後骨盤” といったら矯正で、骨盤を構成する骨へアプローチするものと思っていたので、骨盤周囲の筋肉を緩めることによってケアをする技術と知り興味深かったです。

今回教わった技術はほんの一部なのだと思いますが、どれも患者・術者の双方にとって身体の負担になるものではないので良いなと感じました。

患者さんの状態を把握してどの技術をどう組み立てて使うのか判断できるようになるには、時間がかかりそうですが、積極的に臨床で使っていきたいと思います。

なるべくたくさんの方に施術させて頂いて、自分のものにしたいと思います。

技術だけでなく、声掛け、術者の態度からも効果の表れ方が変わりますね。

ちなみに。最少人数だったで、じっくり学ぶことができてラッキーでした。

また、予定が合えば他内容セミナーにも参加してみたいと思います。

ありがとうございました。」


ここまで。

手技のスキルアップはもちろん大事なことですが、声かけや誘導の仕方で施術の効果は全く変わってきます。

よりいっそう、妊産婦さんの力になれるように、頑張りましょう!

次回セミナーの詳細も決定しました!

「バース整体」は、今なお、現在進行形で深化・発展中の整体法です。

妊産婦さん向けの整体法を、惜しみなく公開します!


2月12日(日)バース整体セミナー 「安産に導くための骨盤ケア 基礎A」






助産師のための骨盤ケア セミナー・研修|妊婦の骨盤ケア・産後の骨盤ケアを学ぶなら、【バース整体研究会】

骨盤ケアをもっと深めたい助産師さんへ。 バース整体研究会は、助産師のための妊婦ケア・バース整体・産後の骨盤ケアの研究会です。



妊婦整体・産後骨盤矯正 東京横浜川崎の出張整体なら妊婦マタニティ専門【響気整体】

2016年12月30日金曜日

【現場で実践できそう!実践してみたい!と思える内容】

ブログの更新が久しぶりになってしまいました。今年も、もう少しで終わりですね。

さて、12月のセミナーの感想を掲載します。


「現場で実践できそう!実践してみたい!と思える内容」A・Nさん 助産師


「骨盤ベルト以外に妊産婦さんの腰痛や恥骨痛緩和の方法はないかと探していた時に、セミナーの具体的な内容や動画がアップされていて、これだ!と思いました。

実技が中心でとてもわかりやすく、細かい部分まできちんと教えて頂き、本当に勉強になりました。

出来ないところやわからないところを、その場でお聞きして、感覚的に理解することが出来たので、応用編でとても難しい手技もありますが、現場で実践できそう!実践してみたい!と思える内容でした。

これからかなり練習も必要ですが、実際に取り入れていこうと思います。

また手技だけではなく、自分の気持ちの持ち様や声かけで、相手の方の心と身体に浸透していく技術を学び、改めて人の身体に触れさせて頂く仕事の尊さと責任も実感させていただきました。

とても充実した時間を過ごさせていただき、とても感謝いたしております。

どうもありがとうございました。」


ここまで。

日常から練習をして、さらにセミナーで実技を深めていくことで、より実践現場で結果や変化が出せるようになると思います。

妊産婦さんの力になれるように、頑張りましょう!

次回セミナーの詳細も決定しました!


2月12日(日)バース整体セミナー 「安産に導くための骨盤ケア 基礎A」






助産師のための骨盤ケア セミナー・研修|妊婦の骨盤ケア・産後の骨盤ケアを学ぶなら、【バース整体研究会】

骨盤ケアをもっと深めたい助産師さんへ。 バース整体研究会は、助産師のための妊婦ケア・バース整体・産後の骨盤ケアの研究会です。



妊婦整体・産後骨盤矯正 東京横浜川崎の出張整体なら妊婦マタニティ専門【響気整体】

2016年12月8日木曜日

【切迫で自宅安静中の方の整体】

バース整体研究会の吉村です。



今日は「切迫で自宅安静中の方の整体」についてのお話。


先日の事例で、切迫早産で三ヶ月ほど入院していた方がいました。 

こういった方の特徴としては、まず呼吸が浅くなっていることがあげられます。

横隔膜がうまく使えずに胸だけで呼吸をしているので、首から肩にかけて、胸鎖乳突筋や僧帽筋、斜角筋のあたりに余計な緊張があります。

このあたりの緊張がとれると呼吸もスムーズになり、お腹の余計な緊張も取れてきます。

また長期間の入院のため、体力そのものが落ちて、上胸部全体の動きが悪く、筋肉も硬くなっています。 

入院していても、自宅安静で横になっていても、スマホなどをみている時間が長いので、腕の疲労や緊張があります。

またさらに神経も緊張しているので、痛みに対して過敏な傾向にあります。

なので、こういった切迫の方の整体では、まずは呼吸を深くすることが肝要になってきます。


12月18日(日)バース整体セミナー 「産後骨盤ケア 応用編」

プレセミナー(無料)も同日開催決定!




助産師のための骨盤ケア セミナー・研修|妊婦の骨盤ケア・産後の骨盤ケアを学ぶなら、【バース整体研究会】

骨盤ケアをもっと深めたい助産師さんへ。 バース整体研究会は、助産師のための妊婦ケア・バース整体・産後の骨盤ケアの研究会です。

2016年12月4日日曜日

【さっきと違う状態をつくる】

バース整体研究会の吉村です。

今日は「さっきと違う状態をつくる」ことについてのお話。



どんな手法を使おうが、「さっきと違う状態」になれば、からだは勝手に「治る」ように出来ています。

何らかのかたちで、さっきと今とで「ポジティブな変化」があれば、脳の認識は変わっていきます。

バース整体研究会お伝えしている活法の技術は、ほんの数秒で変化が感じられるので、「魔法使いみたいですね!」とか「手品みたいですね!」などと言われることが、よくあります。

でも魔法を使っているのは、ほんとうは術者ではなくて、整体を受ける方の中にある「治癒のメカニズム」なのです。


12月18日(日)バース整体セミナー 「産後骨盤ケア 応用編」

プレセミナー(無料)も同日開催決定!




助産師のための骨盤ケア セミナー・研修|妊婦の骨盤ケア・産後の骨盤ケアを学ぶなら、【バース整体研究会】

骨盤ケアをもっと深めたい助産師さんへ。 バース整体研究会は、助産師のための妊婦ケア・バース整体・産後の骨盤ケアの研究会です。

2016年12月3日土曜日

【深呼吸の重要性について】

バース整体研究会の吉村です。

今日は「深呼吸の重要性」についてのお話。



現代人は、とかく呼吸が浅いと言われています。

痛みがある方は、呼吸も浅い傾向があります。

せっかちな方とか、あるいは、怒りっぽい方などは、お腹が硬い方が多いです。

そして、お腹だけではなくて、お腹の裏面である腰も硬かったりするので、呼吸の浅い方は腰痛持ちの方が多いのですね。また呼吸が浅いと、首や肩の筋肉も緊張して硬くなっている。

またそういった方は、痛みに対して過敏です。

お産の時もそうだと思いますが、呼吸を深くゆっくりと行ない、コントロールすることで、痛みという感覚に対する感受性も変わってきます。

とりわけ妊婦さんはお腹が大きくなるに連れて、横隔膜が圧迫されて、呼吸がどうしても浅くなりがちです。

横隔膜が緊張している妊婦さんがとても多いです。とにかく呼吸が浅い。そうすると、お腹も必要以上に張りやすくなる。

呼吸が浅くて、いいことは何もないわけなんですね。

バース整体研究会でお伝えしている、「活法」の技術では、手技を施した後に必ず深呼吸をしてもらいます。

深呼吸には、自律神経を整えて、気分を落ち着かせるという機能もありますが、からだの状態をリセットし、脳の認識を変えるというような作用もあります。

一つの技術を施した後に必ず深呼吸を行うのは、このような作用に加え、からだとこころに良い影響を与え、その状態を(お肉を熟成させるように)定着させるというような意味もあります。


12月18日(日)バース整体セミナー 「産後骨盤ケア 応用編」

プレセミナー(無料)も同日開催決定!




助産師のための骨盤ケア セミナー・研修|妊婦の骨盤ケア・産後の骨盤ケアを学ぶなら、【バース整体研究会】

骨盤ケアをもっと深めたい助産師さんへ。 バース整体研究会は、助産師のための妊婦ケア・バース整体・産後の骨盤ケアの研究会です。

2016年12月2日金曜日

【脳の認識を変える】

バース整体研究会の吉村です。

今日は「脳の認識を変える」ことについてのお話。



痛みや何らかの症状があると、そこに意識が集まる=集注(集中)してしまいます。

一点に注意が集まってしまうのです。

逆に言えば、そのような痛みや症状への過度の集注意識を忘れて、違うことに意識が集注すれば、痛みや症状は解除されるということです。

お産で感じる痛みなども、もしかしたらそういう側面があるかもしれませんね!



12月18日(日)バース整体セミナー 「産後骨盤ケア 応用編」

プレセミナー(無料)も同日開催決定!




助産師のための骨盤ケア セミナー・研修|妊婦の骨盤ケア・産後の骨盤ケアを学ぶなら、【バース整体研究会】

骨盤ケアをもっと深めたい助産師さんへ。 バース整体研究会は、助産師のための妊婦ケア・バース整体・産後の骨盤ケアの研究会です。

2016年12月1日木曜日

【動きにフォーカスを当てる】

バース整体研究会の吉村です。

今日は「動きにフォーカスを当てる」ことについてのお話。




「痛み探し」をしてしまう方には、違うフレームで自分のからだを認識してもらうようにします。

「痛み」ではなくて、「動き」という別のフレームにフォーカスを当てる。痛みから動きというフレームに変えていく。

前後の検査で動きの違いや差が出ていれば、そこにフォーカスを当てることで、痛みに過剰に囚われなくなるのですね。

普通は、痛みがあると可動域が狭いわけですが、逆に言えば動きが良くなって可動域が拡がっていれば、結果的に痛みは軽減しているのです。

そういったポジティブな変化に目を向けてもらうように心がけてください。



12月18日(日)バース整体セミナー 「産後骨盤ケア 応用編」

プレセミナー(無料)も同日開催決定!




助産師のための骨盤ケア セミナー・研修|妊婦の骨盤ケア・産後の骨盤ケアを学ぶなら、【バース整体研究会】

骨盤ケアをもっと深めたい助産師さんへ。 バース整体研究会は、助産師のための妊婦ケア・バース整体・産後の骨盤ケアの研究会です。